このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ 太陽虫の特徴 太陽虫はどんな生き物? 似ているものと見分け方 注意

太陽虫

肉質鞭毛虫門 有軸仮足虫上綱 太陽虫綱

アクティノフリス属 Actinophrys sp. 150px アクティノフリス属 Actinophrys sp. 100px
AB
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:アクティノフリス属 Actinophrys sp. 細胞直径 45μm
B:アクティノフリス属 Actinophrys sp. 細胞直径 60μm 細胞分裂中

アクティノスフェリウム属 Actinosphaerium sp. 250px
C
スケールは500μm(0.5mm)です。
C:アクティノスフェリウム属 Actinosphaerium sp. 細胞直径 500μm

ヘテロフリス属 Heterophrys sp. アカンソキスティス属 Acanthocystis sp. 150px
DE
スケールは50μm(0.05mm)です。
D:ヘテロフリス属 Heterophrys sp. 細胞直径 40μm
E:アカンソキスティス属 Acanthocystis sp. 細胞直径 61μm

ラフィディオフリス属 Raphidiophrys sp. ラフィディオフリス属 Raphidiophrys sp. 100px
FG
スケールは50μm(0.05mm)です。
F:ラフィディオフリス属 Raphidiophrys sp. 細胞直径 82μm
G:ラフィディオフリス属 Raphidiophrys sp. 細胞直径 28μm

太陽虫綱の1種 100px
H
スケールは50μm(0.05mm)です。
H:太陽虫綱の1種 細胞直径 47μm

リソケラ属 Lithocella sp. 太陽虫綱の1種 150px
IJ
スケールは50μm(0.05mm)です。
I:リソケラ属 Lithocella sp. 細胞直径 15μm
J:太陽虫綱の1種 細胞直径 15μm

写真A,D,E,I,Jと写真B,F,G,Hと写真Cでは画像の倍率が違います。写真A,D,E,I,Jと写真B,F,G,Hと写真Cの拡大比率は6:4:1です。
細胞直径は軸足の長さを含みません。

このページのトップへ


** このページでとりあげるグループ **

 ここでは,肉質鞭毛虫門太陽虫綱に属するものをまとめてとりあげます。ふつう太陽虫とよばれます。太陽虫には多くの属と極めて多くの種がありますが,属の区別も難しいので,ここで「太陽虫」としてひとまとめにして扱います。

このページのトップへ


太陽虫

** 太陽虫の特徴 **

このページのトップへ


** 太陽虫はどんな生き物? **

 太陽虫は,肉質鞭毛虫門有軸仮足虫上綱太陽虫綱に属する生物の総称です。アメーバとはかなり見た目が異なりますが,アメーバに近い,単細胞の生物です。針のような軸足を多数放射状に伸ばしていますが,これで捕食や移動をします。しかし,見ていてもたまに軸足を動かす以外はほとんど動きません。種類が多く,細胞表面は厚い寒天質基質でおおわれているもの,多数の小鱗片でおおわれているもの,有機質の孔のあるからでおおわれているもの,砂粒をつけているもの,殻などでおおわれておらず,収縮胞が目立つものなどいろいろです。
 太陽虫は,ふつうは水底の泥の上や,水草の間などで生活していて,浮遊生活をすることはあまりありません。普通に見られる生物ですが,プランクトンネットにはあまり入ってきません。大部分淡水産で,海にすんでいるものはごくわずかです。なお,海には太陽虫に近縁の放散虫が見られます。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べるアメーバ・太陽虫