このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ クラミドモナスの仲間の特徴 似ているものと見分け方 注意

クラミドモナスの仲間

緑色植物門 緑藻綱 ボルボックス目

クラミドモナス属 Chlamydomonas sp クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. クラミドモナス属 Chlamydomonas sp クラミドモナス属 Chlamydomonas sp 30px
ABCD
スケールは10μm(0.01mm)です。
A:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞長 22μm
B:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞長 22μm
C:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞長 22μm
D:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞幅 13μm 下から見たもの

クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 30px
EF
スケールは10μm(0.01mm)です。
E:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞長 20μmほど
F:クラミドモナス属 Chlamydomonas sp. 細胞長 15μm パルメラ状態

カルテリア属 Carteria sp. カルテリア属 Carteria sp. クロロゴニウム属 Chlorogonium euchlorum クロロゴニウム属 Chlorogonium elongatum 30px
GHIJ
スケールは10μm(0.01mm)です。
G:カルテリア属 Carteria sp. 細胞長 28μm
H:カルテリア属 Carteria sp. 細胞長 27μm
I:クロロゴニウム属 Chlorogonium euchlorum 細胞長 85μm
J:クロロゴニウム属 Chlorogonium elongatum 細胞長 50μm

スフェレロプシス属 Sphaerellopsis sp. スフェレロプシス属 Sphaerellopsis sp. ロボモナス属 Lobomonas sp. ロボモナス属 Lobomonas sp. 30px
KLMN
スケールは10μm(0.01mm)です。
K:スフェレロプシス属 Sphaerellopsis sp. 細胞長 37μm
L:スフェレロプシス属 Sphaerellopsis sp. 細胞長 22μm パルメラ状態
M:ロボモナス属 Lobomonas sp. 細胞長 32μm
N:ロボモナス属 Lobomonas sp. 細胞長 30μm

プテロモナス属 Pteromonas aculeata プテロモナス属 Pteromonas aculeata プテロモナス属 Pteromonas aculeata 30px
OPQ
スケールは10μm(0.01mm)です。
O:プテロモナス属 Pteromonas aculeata 細胞長 35μm
P:プテロモナス属 Pteromonas aculeata 細胞長 30μm
Q:プテロモナス属 Pteromonas aculeata 細胞長 30μm

このページのトップへ


** このページでとりあげるグループ **

 ここでは,緑藻綱ボルボックス目に属するもののうち,群体を形成せず,細胞が単独で遊泳するものをまとめて「クラミドモナスの仲間」としてとりあげます。ここにはかなり多くの属と非常に多くの種が含まれます。しかし,属の同定も難しいものが多く,クラミドモナス属(Chlamydomonasu)以外はそれほど普通に見られるものではないので,ここに「クラミドモナスの仲間」としてまとめてのせることにします。ここに含まれる属の中には比較的特長がはっきりしていて同定しやすいものもありますが,属レベルの同定も困難なものも多くあります。また,種レベルの同定は非常に困難で,日本では研究もあまり進んでいないようなので,初心者にはまず不可能といってよいでしょう。なお,クラミドモナスの仲間に含まれる属にはここにのせたもの以外にもいくつかあります。

このページのトップへ


クラミドモナス

** クラミドモナスの仲間の特徴 **

注1:ここには写真がありませんが,赤い色素をもち,細胞が赤色に見えるものもあります。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他にもマロモナスストロンボモナスなどがやや似ている場合がありますが,いずれも上にあげたものほどは似てなく,区別はそう難しくはないと思います。また,キロモナス無色鞭毛虫の中に形が似ているものがありますが,葉緑体がなく無色なので区別は難しくないでしょう。

このページのトップへ


** 注意 **