目次へ

 褐色鞭毛藻綱 CRYPTOPHYCEAE 

 単細胞生物で,鞭毛(べんもう)をもち遊泳します。細胞の形は卵形,楕円形,草履形,米粒形などで,普通,鞭毛は2本で,等長です。暗色鞭毛藻,クリプト藻などとよばれることもあります。また,動物プランクトンとしても扱われ,その場合は,原生動物に含まれ,褐色鞭毛虫あるいは暗色鞭毛虫とよばれます。また,このグループは,渦鞭毛藻綱緑色鞭毛藻綱とともに,橙藻植物門(炎藻植物門ともよばれる)という1つの門にまとめられることもあり,独立した門として扱われることもあるようです。
 図1はクリプトモナス属 Cryptomonas の細胞構造です。葉緑体は細胞の内側をまくように存在します。2個あるようにみえますが,2個はつながっていて,実際は1個です。葉緑体の色は褐色,黄褐色,黄色が多いようですが,青緑色のものもあります。また,葉緑体をもたないものもあります。縦溝はかろうじて見えますが,ほかの微細構造は観察が極めて困難です。黄色鞭毛藻の単細胞性のものとよく似ていてまぎらわしいのですが,褐色鞭毛藻は回転しながら泳ぎ,黄色鞭毛藻はそうでないので,泳ぎ方をみれば区別がつきます。細胞に殻はなくてこわれやすいものが多く,また小さいので,観察は結構大変です。固定すると分解してしまうので,生体の観察が欠かせません。なお,種の同定には,細胞のくわしい内部構造を調べなければならず,時には電子顕微鏡での観察が必要です。したがって,ここでは種の同定はできていません。
 このグループは,淡水にも海洋にも普通に出現します。赤潮を形成する種もあります。よく出現するのは,クリプトモナス属 Cryptomonas です。があるものが多く出現する属です。

 ・クリプトモナス属 Cryptomonas 
   ・クロオモナス属 Chroomonas
   ・キロモナス属 Chilomonas

鞭毛藻写真検索(表示に時間がかかります)

目次へ