目次へ | 珪藻綱へ

 中心目 Centrales 

 中心目は,原則として殻面は放射相称で,殻面の形は円形が多いのですが,そうでないものもあります。殻面に縦溝や偽縦溝はありません。したがって,滑走運動を行うものはありません(羽状目を参照)。このグループに属するものは,海洋には非常に多くの種類が出現しますが,淡水では種類はあまり多くありません。よく出現するものとしては,糸状連鎖群体を形成するメロシラ属 Melosira および円盤状で単独生活をするキクロテラ属 Cyclotella があげられると思います。があるものが多く出現する属です。なお,前に中心目属不明としたもの(ここを参照)は,羽状目に属する珪藻の増大胞子とのことです。東京学芸大学生物学教室の真山茂樹先生よりご教示をいただきました。真山先生には深く感謝いたします。

 ・メロシラ属 Melosira 
 ・メロシラ属 Melosira (被殻)
 ・キクロテラ属 Cyclotella
 ・キクロテラ属 Cyclotella (被殻)
   ・コスキノディスクス属 Coscinodiscus (被殻)
   ・ヒドロセラ属 Hydrosera
   ・ヒドロセラ属 Hydrosera (被殻)
   ・ビドゥルフィア属 Biddulphia
   ・ビドゥルフィア属 Biddulphia (被殻)

目次へ | 珪藻綱へ