目次へ | 珪藻綱へ | 羽状目へ

 ナビクラ(フナガタケイソウ)科 Naviculaceae 

 ナビクラ(フナガタケイソウ)科は,両殻縦溝亜目に含まれます。縦溝は殻面の中央を縦に走っています。殻面の形は,紡錘形,菱形,楕円形などが多く,普通は上下左右に対称ですが,S字形のものもあります。細胞は単独生活をするものがほとんどですが,殻面で連結した帯状の群体を形成するもの,寒天質基質内に集まった群体を形成するものもあります。この科は,多くの属と種を含み,出現量も多く,淡水産珪藻の中心的存在といってもいいのですが,底生性のものが多く,浮遊性の種は案外少ないようです。よく出現する属としては,ディプロネイス属 Diploneisギロシグマ属 Gyrosigmaピンヌラリア(ハネケイソウ)属 Pinnularia およびナビクラ(フナガタケイソウ)属 Navicula があげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ディプロネイス属 Diploneis
 ・ディプロネイス属 Diploneis (被殻)
   ・ネイディウム属 Neidium
   ・ネイディウム属 Neidium (被殻)
   ・カロネイス属 Caloneis (被殻)
   ・スタウロネイス属 Stauroneis
   ・スタウロネイス属 Stauroneis (被殻)
   ・アンフィプレウラ属 Amphipleura
   ・フルストリア(ヒシガタケイソウ)属 Frustulia 
   ・フルストリア(ヒシガタケイソウ)属 Frustulia (被殻)
 ・ギロシグマ属 Gyrosigma
 ・ギロシグマ属 Gyrosigma (被殻)
 ・ピンヌラリア(ハネケイソウ)属 Pinnularia
 ・ピンヌラリア(ハネケイソウ)属 Pinnularia (被殻)
   ・アノモエオネイス属 Anomoeoneis (被殻)
 ・ナビクラ(フナガタケイソウ)属 Navicula
 ・ナビクラ(フナガタケイソウ)属 Navicula (被殻)

目次へ | 珪藻綱へ | 羽状目へ