目次へ | 珪藻綱へ | 羽状目へ

 ゴンフォキンベラ科 Gomphocymbellaceae 

 ゴンフォキンベラ科は,両殻縦溝亜目に含まれます。この科をゴンフォネマ科 Gomphonemaceae とキンベラ科 Cymbellaceae の2つに分けることもあります。縦溝は殻面の中央を縦に走っています。殻面は,上下または左右のいずれかが対称ではありません。細胞は単独生活をするものが多いのですが,寒天質の柄でつながった群体を形成するもの,寒天質基質内に集まった群体を形成するものもあります。この科は,底生性のものが多く,浮遊性の種はあまりありません。よく出現する属としては,ゴンフォネマ属 Gomphonema およびキンベラ属 Cymbella があげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ゴンフォネマ属 Gomphonema 
 ・ゴンフォネマ属 Gomphonema (被殻)
   ・アンフォラ属 Amphora
   ・アンフォラ属 Amphora (被殻)
 ・キンベラ属 Cymbella
 ・キンベラ属 Cymbella (被殻)

目次へ | 珪藻綱へ | 羽状目へ

 エピテミア科 Epithemiaceae 

 エピテミア科は,両殻縦溝亜目に含まれます。殻面には竜骨があり,縦溝は竜骨上を走っています。殻面は左右非対称で,肋脈があります。細胞は単独生活をします。この科は,底生性のものが多く,浮遊性の種はあまりありません。

 ・エピテミア属 Epithemia
 ・エピテミア属 Epithemia (被殻)
 ・ロパロディア属 Rhopalodia 
 ・ロパロディア属 Rhopalodia (被殻)

目次へ | 珪藻綱へ | 羽状目へ