目次へ | 根足虫綱へ

 無殻葉状根足虫目 Amoebida 

 偽足は葉状,棍棒状などで,糸状にはなりません。殻はもっていません。普通,アメーバといえば,このグループのことをさします。種によっては浮上期とよばれる星状の形をとることがあります。固定すると収縮してしまうため,生きた個体の観察が必要です。同定には細胞全体の形状,偽足の数や形,核の数,細胞小器官,進行方向が一定かどうかなどを観察することが必要ですが,観察が困難な項目が多く,しかも種間(時には属間も)の違いがはっきりしないものがほとんどであるため,非常に困難です。さらに,生活史の全ステージにわたって観察しなければならないものもあり,いっそう同定を困難にしています。したがってここでは種レベルでの同定は全くできていませんし,属の同定も実は非常にあやしいものです。本来ほふく生活をしていて,プランクトンではありませんが,ネットに入ってくる可能性はあります。しかし,殻を持ったグループに比べると,ネットに入る可能性は低いのではないかと思われます。採集には池の底の水垢や,水草の上のごみなどを検鏡すればよいと思います。このグループは,遺伝学や細胞生物学の実験材料としてしばしば用いられます。なお,形が一定でないため,細胞の正確な長さというものはありません。そこで,ここでは写真に写った状態でのいちばん長いところを細胞の長さとします。 

 ・トリカメーバ属 Trichamoeba 
 ・アメーバ属 Amoba
 ・ポリカオス属 Polychaos
 ・マヨレラ属 Mayorella
 ・ディナメーバ属 Dinamoeba
 ・テカメーバ属 Thecamoeba
 ・バールカンプフィア属 Vahlkampfia 
 ・属不明

目次へ | 根足虫綱へ