目次へ | 根足虫綱へ

 有殻糸状根足虫目 Gromiida 

 有殻糸状根足虫目に属するものは,糸状の偽足と,自らが作った殻をもっています。殻には普通1個の開口部があり,そこから偽足を出して運動しますが,開口部を2個あるいはそれ以上もつ種もあります。殻に砂粒を付着させているものもありますが,少数です。同定は,殻の形状でおこなわれるため,殻をもたないグループに比べるとずっと容易です。殻の形と表面の模様,外来性物質の付着の有無および状態,殻の開口部の位置および口孔の形などで分類します。本来ほふく生活をしていて,プランクトンではありません。ネットにもあまり入ってきません。なお,殻内の虫体が失われてしまい,殻だけになったものの写真がいくつかあります。なお,偽足が糸状で細く,なかなか写真にうまく写せないため,偽足を写したものがあまりありません。

 ・ユーグリファ(ウロコカムリ)属 Euglypha 
 ・スフェノデリア属 Sphenoderia 
 ・パウリネラ(ビンカムリ)属 Paulinella
 ・キフォデリア(エボシカムリ)属 Cyphoderia 
 ・コリティオン属 Corythion
 ・トリネマ(フセウロコカムリ)属 Trinema

目次へ | 根足虫綱へ

 無殻有孔虫目 Athalamida 

 無殻有孔虫目に属するものは,無殻で糸状の偽足をもち,その偽足が分枝したり融合したりして網目状になります。殻をもたず,偽足が海産の有孔虫と同様の形状であるために,無殻有孔虫とよばれますが,系統がはっきりしていないようです。無殻網状根足虫ともよばれます。ここではビオミクサ属 Biomyxa がこのグループに含まれますが,ここでとりあげているものが本当にビオミクサ属かどうか実は自信がありません。

 ・ビオミクサ属 Biomyxa 

目次へ | 根足虫綱へ