目次へ

 甲殻綱 CRUSTACEA 

 甲殻綱は,節足動物門のなかの大きな綱で,特に水生の節足動物の中核をなすグループです。甲殻類といえば,エビ,カニ,ヤドカリを連想される方が多いと思いますが,ほかにも多くのグループがあります。基本的には大顎と2対の触角をもち,卵から孵化したときにノープリウス nauplius とよばれるダニのような形をした幼生になります。ただし,これらはあくまでも基本的なもので,例外は多数あります。特に寄生性のもののなかには,著しく体が変形してほとんど甲殻類とはわからないものもあります。淡水中にも多くの甲殻類が棲息していますが,プランクトンとして扱われるのは鰓脚亜綱枝角目(ミジンコ),貝虫亜綱(カイミジンコ),橈脚亜綱(ケンミジンコ)です。このなかでカイミジンコはむしろ底生性で,プランクトンとしてはあまり重要ではないのですが,ミジンコとケンミジンコは淡水動物プランクトンとしては輪虫綱と並んで最も重要なグループです。このなかで,ケンミジンコはエビに近い形をしているので甲殻類といわれてもそれほど違和感はないと思いますが,ミジンコが甲殻類というと意外な感じを持たれる方がいらっしゃるかもしれません。しかし,ほかにも甲殻類に含まれる生物は案外多く,海の岩や船底に付着しているフジツボ,カメノテや,陸棲のワラジムシ,ダンゴムシなども甲殻類です。(ちなみに,生きている化石として有名なカブトガニは甲殻類ではありません。クモに近い仲間だそうです。)我々がエビやカニが大好物(そうでない方もいらっしゃると思いますが)なのと同じく(?),ミジンコ,ケンミジンコは魚類にとって重要な餌料となり,水産面からもきわめて重要です。

鰓脚亜綱枝角目 Cladocera

貝虫亜綱 OSTRACODA

橈脚亜綱 COPEPODA
 カラヌス目 Calanoida
 キクロプス目 Cyclopoida
 ハルパクティクス目 Harpacticoida
 橈脚亜綱幼生

甲殻綱写真検索(表示に時間がかかります)

目次へ