目次へ

 黄色鞭毛藻綱 CHRYSOPHYCEAE 

 単細胞生物で,鞭毛(べんもう)をもち遊泳するものが大部分です。珪藻綱黄緑色藻綱とともに,黄藻植物門という1つの門にまとめられることが多いようです。動物プランクトンとしても扱われ,その場合は黄色鞭毛虫または黄緑鞭毛虫とよばれます。一般に葉緑体をもち,光合成を行いますが,葉緑体をもたないものもかなり多くあります。葉緑体の色は,黄色,黄褐色,黄緑色などが多いようです。体制は,細胞が単独で生活するものと,球状,樹枝状,不定形などの群体を形成するものとがあります。細胞は裸のものが多いのですが,被殻をもつものや,細かい鱗片で被われているものもあります。遊泳するときはあまり速くなく,ゆっくり泳ぐものが多いようです。
 このグループに属するものは,小形のものが多く,また,鱗片をもつものは電子顕微鏡による観察が不可欠なことなどもあり,種の同定は容易ではありません。また,固定すると細胞が分解してしまうものが多く,生体での観察も欠かせません。ここでは電子顕微鏡での観察が必要なものについては種の同定は全くできていません。さらに,属が不明のものもかなりのせていますが,その中には本当に黄色鞭毛藻に含まれるのかどうかもはっきりしないものがかなりあります。(私の実力不足です)

 このグループは淡水域に棲息するものが多く(海洋に多いハプト藻や珪質鞭毛藻は,最近は別のグループとして扱われているようです。),淡水プランクトンとして極めて普通に発生する種を多く含んでいます。しばしば異常発生して淡水赤潮を形成する種もあり,淡水プランクトンとしては重要なグループの1つです。よくみられるものとしては,細胞が鱗片で被われているシヌラ属 Synuraマロモナス属 Mallomonas ,および被殻をもつディノブリオン(サヤツナギ)属 Dinobryon ,球状群体を形成するウログレナ属 Uroglena があげられると思います。この中で,ウログレナ属は琵琶湖などではしばしば異常発生して淡水赤潮を形成しているようです。があるものが多く出現する属です。

   ・オクロモナス属 Ochromonas
 ・ウログレナ属 Uroglena
   ・アントフィサ属 Anthophysa
   ・デンドロモナス属 Dendromonas
   ・クリソスフェレラ属 Chrysosphaerella
 ・シヌラ属 Synura
 ・マロモナス属 Mallomonas
 ・ディノブリオン(サヤツナギ)属 Dinobryon 
   ・ヒアロブリオン属 Hyalobryon
   ・デレピキシス属 Derepyxis
   ・ミズオ属 Hydrurus
   ・属不明

鞭毛藻写真検索(表示に時間がかかります)

目次へ