目次へ | 藍藻綱へ

 ノストック(ネンジュモ)目 Nostocales 

 藍藻綱の中で最大の目で,種類数は非常に大です。藻体は糸状です。トリコーム(細胞糸。細胞が糸状に連なったもの)は真の分枝をすることがありません。分枝しているようにみえるものは偽分枝です。図1,図2は偽分枝のようすを示したものです。トリコーム自体は分枝せず,2本のトリコームが分枝しているような形で密着しています。トリコームは寒天質の鞘で被われているものが多くあり,その鞘が硬化しているものもあります。トリコームと鞘をあわせて糸状体とよびます。トリコームを構成する細胞間には原形質連絡があるとのことで,単なる糸状の群体とは異なるのかもしれません。この目に属するものには滑走運動を行うものがあり,特にユレモ科では顕著です。
 ノストック目は,ヘテロシスト(異質細胞)の有無により,2つの亜目に分けられます。ヘテロシストをもたないものはユレモ亜目,もつものはノストック(ネンジュモ)亜目で,この2つの分けて説明することにします。

ユレモ亜目 Oscillatoriineae

ノストック(ネンジュモ)亜目 Nostochineae

目次へ | 藍藻綱へ