目次へ | 藍藻綱へ

 スティゴネマ目 Stigonematales 

 藍藻綱の中で体制が最も複雑になった目と思われます。藻体は糸状で,トリコーム(細胞糸。細胞が糸状に連なったもの)は真の分枝をします。トリコームは寒天質の鞘で被われており,トリコームと鞘をあわせて糸状体とよびます。糸状体が多細胞列になっているものも多くあります。ヘテロシスト(異質細胞)をもち,細胞分化がみられます。底生性,付着性の種が多く,プランクトンとして出現するものはあまりありません。

 ・ハパロシフォン属 Hapalosiphon 
 ・フィッシェレラ属 Fischerella
 ・スティゴネマ属 Stigonema
 ・属不明

目次へ | 藍藻綱へ