目次へ

 緑色鞭毛藻綱 CHLOROMONADOPHYCEAE 

 単細胞生物で,鞭毛(べんもう)をもち遊泳します。ラフィド藻綱とよばれることもあり,学名は RAPHIDOPHYCEAE です。動物プランクトンとしても扱われ,その場合は,原生動物に含まれ,緑色鞭毛虫とよばれます。また,このグループは,渦鞭毛藻綱褐色鞭毛藻綱とともに,橙藻植物門(炎藻植物門ともよばれる)という1つの門にまとめられることもありますが,独立した門として扱われることもあるようです。(最近はむしろ珪藻や黄色鞭毛藻に近いとされているようです)葉緑体は,薄い円盤形または楕円盤形で多数あります。葉緑体の色は,淡水産のものは鮮やかな緑色ですが,海洋に産するものは黄褐色が多いようです。緑藻綱ボルボックス目とは葉緑体の形状が違うことで区別がつき,緑虫綱とは眼点がないことで区別がつきます。
 図1はゴニオストムム属 Gonyostomum の細胞構造です。鞭毛は2本あります。1本は細胞の前方にのびており遊泳鞭毛とよばれます。もう1本は曳航鞭毛(えいこうべんもう)とよばれ,細胞の後方にのびています。遊泳鞭毛は比較的見やすいのですが,曳航鞭毛の観察は困難です。体の前部には大きな貯蔵胞があり,よく目立ちます。バクオラリア属 Vacuolaria 以外は,細胞の表面に刺胞(どんな働きをするのか私は知りません。)があり,特に前端部に集中しています。変形運動をするものもあります。普段は滑るようにゆるやかに泳ぎますが,ときどきジャンプするように急速に移動することがあります。
 このグループは淡水産のものが多いようですが,海洋にいるものもあります。淡水では,それほど珍しいものでもないのですが,普段は池の底層を生活の場としているため,ネットにはほとんど入ってきません。このグループを採集,観察するには,水底の泥や水垢をピペットで吸い取って検鏡するのがよいようです。固定すると収縮してしまうので,生体を観察しなければなりません。このグループは,淡水では地味な存在ですが,海洋では,大規模な赤潮を形成して水産業に大被害をもたらすために,恐れられているものがあります。(カットネラ属 Chattonella が有名。昔はホルネリア属 Hornellia とよばれた。)

 ・バクオラリア属 Vacuolaria 
 ・ゴニオストムム属 Gonyostomum 
 ・メロトリキア属 Merotrichia

鞭毛藻写真検索(表示に時間がかかります)

目次へ