目次へ

 細菌植物門 BACTERIOPHYTA 

 細菌はバクテリアとよばれることも多く,普通は原核生物全般をさします。核膜に包まれた核とよべる構造体はありません。最近の研究で,細菌は古細菌と真性細菌の2つのグループに分けられることがわかってきていますが,大部分は真性細菌に属するようです。細菌のなかで,酸素発生型光合成を行うものはここでは藍藻植物として別に扱っています。細菌は,生態系のなかで分解者として最も重要であることはよく知られたところです。代謝様式もさまざまで,硝化,脱窒,硫黄還元など生態系のなかで重要な化学反応の担い手であるものも数多くあります。細菌の分類は,普通は外形を見ただけではだめで,代謝様式などを調べる必要があります。ここでは同定はまったくできていません。純浮遊性の細菌というものはあまりないらしいのですが,細菌はどこにでもいると考えるべきで,ネットでの採集品のなかにも必ずいると断言してよいと思います。ただ,非常に小さいものが多く,普通の顕微鏡ではよく見えません。実は,一見ゴミのようにみえるものも実は細菌のかたまりであることが多いようですし,プランクトンの体表にも多数付着しているとみるべきです。ここでは細菌と思われるものをいくつかのせてみましたが,実は正体がよくわからないものもあります。

 ・属不明 

目次へ