目次へ | 繊毛虫綱へ

 異毛目 Heterotrichida 

 異毛目は旋毛亜綱に属し,細胞の形はさまざまです。細胞の全面に繊毛が生じていますが,囲口部の周囲に特に長い繊毛が列をなして生じています。細胞は単独で,付着または遊泳します。よく出現するものとしてはステントル(ラッパムシ)属 Stentor があげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ステントル(ラッパムシ)属 Stentor 
   ・スピロストムム属 Spirostomum
   ・メトプス属 Metopus
   ・属不明

目次へ | 繊毛虫綱へ

 少毛目 Oligotrichida 

 少毛目は旋毛亜綱に属し,細胞表面の繊毛は普通非常に少なく,囲口部には繊毛が束になった膜状のものが多数とりまいています。単独で遊泳します。よく出現するものとしてはハルテリア属 Halteria があげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ハルテリア属 Halteria
   ・ストロンビディウム属 Strombidium
   ・ストロンビディノプシス属 Strombidinopsis 
   ・ストロビリディウム属 Strobilidium

目次へ | 繊毛虫綱へ

 有鐘目 Tintinnida 

 有鐘目は旋毛亜綱に属し,細胞表面の繊毛は非常に少なく,囲口部には繊毛が束になった膜状のものが多数とりまいています。鐘形,壷形,円筒形などの殻をもち,細胞はその中に入っています。細胞は後端に柄をもつものが多くあります。この目は海洋には多くの種がありますが,淡水ではあまり種類数は多くありません。淡水産のものは殻に砂粒を付着させているものがほとんどです。単独で遊泳します。よく出現するものとしてはティンティニディウム属 Tintinnidium があげられると思います。があるものが多く出現する属です。なお,この目を少毛目に含めることもありますが,ここでは独立した目とします。

 ・ティンティニディウム属 Tintinnidium 
   ・ティンティノプシス属 Tintinnopsis

目次へ | 繊毛虫綱へ