目次へ | 輪虫綱へ

 ハナビワムシ科 Collothecidae 

 ハナビワムシ科は,頭部が大きく,体の大部分が寒天質の鞘で被われています。普段固着生活をしており,本来はプランクトンではありません。ここでは,ハナビワムシ属 Collotheca およびハナカザリワムシ属 Stephanoceros がこの科に含まれます。

 ・ハナビワムシ属 Collotheca
 ・ハナカザリワムシ属 Stephanoceros 

目次へ | 輪虫綱へ

 マルサヤワムシ科 Flosculariidae 

 マルサヤワムシ科は,体は細長い漏斗状で,大きな頭盤をもちます。普通固着生活をします。棲管をつくり,その中に入っているものもあります。放射状の群体を形成するものもあります。ここではプティグラ属 Ptygula がこの科に含まれます。

 ・プティグラ属 Ptygula 

目次へ | 輪虫綱へ

 テマリワムシ科 Conochilidae 

 テマリワムシ科は,体の後半部が寒天質の鞘で被われています。単独または放射状の群体を形成して遊泳します。ここでは,テマリワムシ属 Conochilus およびテマリワムシモドキ属 Conochiloides がこの科に含まれます。よく出現するものとしては,テマリワムシ属 Conochilus があげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・テマリワムシ属 Conochilus
   ・テマリワムシモドキ属 Conochiloides 

目次へ | 輪虫綱へ

 ヒラタワムシ科 Testudinellidae 

 ヒラタワムシ科は,体が扁平で,背腹2枚の被甲をもっています。単独遊泳生活をします。ここではヒラタワムシ属 Testudinella およびアワワムシ属 Pompholyx がこの科に含まれます。

 ・ヒラタワムシ属 Testudinella 
 ・アワワムシ属 Pompholyx

目次へ | 輪虫綱へ

 ミツウデワムシ科 Filiniidae 

 ミツウデワムシ科は,被甲がなく,付属突起をもっています。単独遊泳生活をします。ここではミツウデワムシ属 Fillinia およびミジンコワムシ属 Hexarthra がこの科に含まれます。2つの属ともによく出現するものとしてあげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ミツウデワムシ属 Fillinia
 ・ミジンコワムシ属 Hexarthra 

目次へ | 輪虫綱へ