目次へ | 輪虫綱へ

 ヒルガタワムシ科 Philodinidae 

 体は細長く,卵巣が1対あります。雄が存在しません。普段は泥の上で匍匐生活をしています。体は非常に伸縮性に富み,体を交互に伸び縮みさせながら前進するのが観察されます。本来はプランクトンではないのですが,たまに頭部にある繊毛冠を使って泳ぎ出すことがあり,このときネットに入ることが多いと思われます。固定すると著しく収縮してしまうため,同定は困難です。なお,このグループは伸縮が著しいため,決まった体長というものがありません。そこで,ここでは写真に写った状態での長さを体長とします。

 ・ロタリア属 Rotalia
 ・フィロディナ属 Philodina 
 ・属不明

目次へ | 輪虫綱へ