目次へ | 輪虫綱へ

 コガタワムシ科 Notommatidae 

 コガタワムシ科は,多くの種類を含み,形もさまざまです。普通は薄い外皮をもちます。単独遊泳生活をします。咀嚼板は棒状型です。水草の間に棲息するものが多いようです。ここでは,カシラワムシ属 Cephalodella ,カタオワムシ属 Monommata およびオナガワムシ属 Scaridium がこの科に含まれます。

 ・カシラワムシ属 Cephalodella 
 ・カタオワムシ属 Monommata
 ・オナガワムシ属 Scaridium
 ・属不明

目次へ | 輪虫綱へ

 ネズミワムシ科 Trichocercidae 

 ネズミワムシ科は,体は細長い円筒形または紡錘形のものが多く,やや硬い被甲をもちます。後端に長い刺状の趾があります。単独遊泳生活をします。咀嚼板は棒状型です。ここではネズミワムシ属 Trichocerca およびフタオワムシ属 Diuralla がこの科に含まれます。2つの属ともによく出現するものとしてあげられると思います。があるものが多く出現する属です。

 ・ネズミワムシ属 Trichocerca 
 ・フタオワムシ属 Diurella

目次へ | 輪虫綱へ

 テングワムシ科 Dicranopholidae 

 テングワムシ科は,体は紡錘形または円筒形で,外皮は柔軟です。体の後端に1対の趾があります。単独遊泳生活をします。咀嚼板は叉状型です。ここでは,テングワムシ属 Dicranophorus がこの科に含まれます。

 ・テングワムシ属 Dicranophorus 

目次へ | 輪虫綱へ

 スナワムシ科 Proalidae 

 スナワムシ科は,体は紡錘形で,外皮は柔軟です。単独遊泳生活をします。咀嚼板は鉄槌型です。ここではプロアリノプシス属 Proalinopsis がこの科に含まれます。

 ・プロアリノプシス属 Proalinopsis 

目次へ | 輪虫綱へ