このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

植物の導管について 似ているものと見分け方

植物の導管

植物の導管 植物の導管 300px 植物の導管 113px
ABC
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:植物の導管
B:植物の導管
C:植物の導管

写真A,Bと写真Cでは画像の倍率が違います。写真A,Bと写真Cの拡大比率は8:3です。

このページのトップへ


** 植物の導管について **

 ここでいう「植物」とは,種子植物です。植物の導管は水を通す管で,導管の側壁は,らせん状に肥厚することが多く,その肥厚した部分が水中では植物の遺骸の中で最後まで残り,顕微鏡下でらせん状のひもとして見えます。淡水植物プランクトンの中にもらせん状の糸状体になるものがあるため,かん違いしないように注意する必要があります。また、らせんがほどけておらず、密に巻いている場合は、糸状になる藻類の一部と間違える可能性もあります。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,藍藻に属するアナベナの中に,糸状体が規則的ならせん状になるものがありますが,アナベナは糸状体がじゅず状で異質細胞とアキネートがあり,見た目もだいぶ異なるので区別は容易だと思います。また、実際にはあまり似ていませんが、らせんが密に巻いている場合は、ほかの糸状になる藻類と間違える可能性もあります。糸状になる藻類も参考にしてください。

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)