目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

コケムシの休芽について 似ているものと見分け方 注意

コケムシの休芽

コケムシの休芽 75px
A
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:コケムシの休芽

このページのトップへ


** コケムシの休芽について **

 コケムシなるほとんど一般には知られていない動物は,付着性で群体を形成しますが,ときどき休芽というものを形成します。休芽は乾燥,低温などに耐性があり,さらに分布を広げる役割もあります。適当な環境下で発芽(動物なのに発芽と呼ばれます)し,新しい個虫になります。上の写真の外側にある網目状のものは空気を含んだ小部屋で,これで水面に浮くことができるとのことです。なお,休芽は卵ではなく,卵は別にあります。コケムシについては私はほとんど知識がなく,写真も手元にないので,他のサイトを調べてみてください。最近オオマリコケムシ(クラゲコケムシ)のでっかい群体があちこちに出現し,気味悪がられています。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)

細菌 プランクトミケス 菌類 菌類の胞子 珪藻の増大胞子
ツヅミモの仲間の接合胞子 ワムシの卵 コケムシの休芽 ミジンコの耐久卵 昆虫の卵
魚類の卵 花粉 植物の導管 植物の星状毛 ツリガネムシの柄
淡水海綿の骨片 水生ミミズの剛毛 ケンミジンコの精莢 蝶,蛾の鱗粉 羽毛

藍藻 珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3)
鞭毛虫・鞭毛藻 アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ミジンコ
ケンミジンコ その他の動物 海の生き物

このページのトップへ