このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

ミジンコの耐久卵について 似ているものと見分け方 注意

ミジンコの耐久卵

ミジンコの耐久卵 75px
A
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:ミジンコの耐久卵

このページのトップへ


ミジンコ(ダフニア)

** ミジンコの耐久卵について **

 ミジンコは,アリマキと同じように,ふだんはメスだけでふえ,単為生殖とよばれます。そのときは親の育房内で卵がかえり,こどもの状態で育房から出てきます。しかし,まれにオスが出てきて,そのときは耐久卵(休眠卵,受精卵,冬卵とよばれる場合もあります)とよばれる特別な卵がつくられます。ときどき耐久卵(青矢印)をもったミジンコが見られることがありますが,耐久卵は育房内でかえることはなく,卵のまま産みおとされます。したがって,しばしば耐久卵だけが見られることがあります。耐久卵は丈夫なさや(掩卵部:えんらんぶ)に被われ,乾燥などの悪条件に耐えることができます。卵はさやの中に普通2個入っています。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 淡水の小さな生物で特に似ているものはないと思います。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)