目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

ミジンコの耐久卵について 似ているものと見分け方 注意

ミジンコの耐久卵

ミジンコの耐久卵 75px
A
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:ミジンコの耐久卵

このページのトップへ


ミジンコ(ダフニア)

** ミジンコの耐久卵について **

 ミジンコは,アリマキと同じように,ふだんはメスだけでふえ,単為生殖とよばれます。そのときは親の育房内で卵がかえり,こどもの状態で育房から出てきます。しかし,まれにオスが出てきて,そのときは耐久卵(休眠卵,受精卵,冬卵とよばれる場合もあります)とよばれる特別な卵がつくられます。ときどき耐久卵(青矢印)をもったミジンコが見られることがありますが,耐久卵は育房内でかえることはなく,卵のまま産みおとされます。したがって,しばしば耐久卵だけが見られることがあります。耐久卵は丈夫なさや(掩卵部:えんらんぶ)に被われ,乾燥などの悪条件に耐えることができます。卵はさやの中に普通2個入っています。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 淡水の小さな生物で特に似ているものはないと思います。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)

細菌 プランクトミケス 菌類 菌類の胞子 珪藻の増大胞子
ツヅミモの仲間の接合胞子 ワムシの卵 コケムシの休芽 ミジンコの耐久卵 昆虫の卵
魚類の卵 花粉 植物の導管 植物の星状毛 ツリガネムシの柄
淡水海綿の骨片 水生ミミズの剛毛 ケンミジンコの精莢 蝶,蛾の鱗粉 羽毛

藍藻 珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3)
鞭毛虫・鞭毛藻 アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ミジンコ
ケンミジンコ その他の動物 海の生き物

このページのトップへ