このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

ツリガネムシの柄について 似ているものと見分け方

ツリガネムシの柄

ツリガネムシの柄 150px
A
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:ツリガネムシの柄

このページのトップへ


** ツリガネムシの柄について **

 繊毛虫に属するツリガネムシの仲間およびエダワカレツリガネムシの仲間は,柄の先に細胞がついていますが,しばしば細胞が柄から離れて泳ぎだすことがあります。特に,その中でもツリガネムシ(Vorticella)は,柄が枝分かれせず,ばね状に伸び縮みするため,細胞が柄から離れてしまうとコイル状の柄だけが残り,一見何かの生物のように見え,初心者は何なのかわからず,とまどうことがあると思われます。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 淡水の小さな生物で特に似ているものはないと思います。スピルリナアウラコセイラアナベナなどの中に,糸状体が規則的ならせん状になるものがありますが,見た目がだいぶ異なるので区別は容易だと思います。

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)