目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

ツリガネムシの柄について 似ているものと見分け方

ツリガネムシの柄

ツリガネムシの柄 150px
A
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:ツリガネムシの柄

このページのトップへ


** ツリガネムシの柄について **

 繊毛虫に属するツリガネムシの仲間およびエダワカレツリガネムシの仲間は,柄の先に細胞がついていますが,しばしば細胞が柄から離れて泳ぎだすことがあります。特に,その中でもツリガネムシ(Vorticella)は,柄が枝分かれせず,ばね状に伸び縮みするため,細胞が柄から離れてしまうとコイル状の柄だけが残り,一見何かの生物のように見え,初心者は何なのかわからず,とまどうことがあると思われます。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 淡水の小さな生物で特に似ているものはないと思います。スピルリナアウラコセイラアナベナなどの中に,糸状体が規則的ならせん状になるものがありますが,見た目がだいぶ異なるので区別は容易だと思います。

このページのトップへ


トップページ名前を調べる異物(ゴミ)

細菌 プランクトミケス 菌類 菌類の胞子 珪藻の増大胞子
ツヅミモの仲間の接合胞子 ワムシの卵 コケムシの休芽 ミジンコの耐久卵 昆虫の卵
魚類の卵 花粉 植物の導管 植物の星状毛 ツリガネムシの柄
淡水海綿の骨片 水生ミミズの剛毛 ケンミジンコの精莢 蝶,蛾の鱗粉 羽毛

藍藻 珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3)
鞭毛虫・鞭毛藻 アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ミジンコ
ケンミジンコ その他の動物 海の生き物

このページのトップへ