目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ キクロテラの仲間の特徴 キクロテラの仲間の被殻 似ているものと見分け方 注意

キクロテラの仲間

不等毛植物門 珪藻綱 中心目

キクロテラ属 Cyclotella stelligera キクロテラ属 Cyclotella meneghiniana キクロテラ属 Cyclotella sp. ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. 150px
ABCDE
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:キクロテラ属 Cyclotella stelligera 細胞幅 25μm 殻面
B:キクロテラ属 Cyclotella meneghiniana 細胞幅 19μm 殻面
C:キクロテラ属 Cyclotella sp. 細胞幅 24μm 帯面
D:ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. 細胞幅 11μm 殻面
E:ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. 細胞幅 12μm 帯面

キクロテラ属 Cyclotella sp. タラシオシラ科の1種 タラシオシラ科の1種 アウラコセイラ属 Aulacoseira ambigua 150px
FGHI
スケールは50μm(0.05mm)です。
F:キクロテラ属 Cyclotella sp. 細胞幅 12μm 群体
G:タラシオシラ科の1種 細胞幅 15μm 群体
H:タラシオシラ科の1種 細胞幅 5μm 群集
I:キクロテラ属 Cyclotella sp. 細胞幅 22μm 殻面 死細胞

このページのトップへ


** このページでとりあげるグループ **

 ここでは,中心目タラシオシラ科に属するものをまとめてとりあげます。このグループで淡水に出現するものは,スケレトネマ属を除いてみな同じような円盤形または太鼓形で,生きた細胞を見ただけでは属の区別が難しく,どうしても殻面の模様の観察が必要なので,「キクロテラの仲間」としてまとめてとりあげることにします。なお,タラシオシラ科に属するものの中で,スケレトネマは,見た目がだいぶ違うため,別にとりあげます。

このページのトップへ


キクロテラ

** キクロテラの仲間の特徴 **

このページのトップへ


** キクロテラの仲間の被殻 **

キクロテラ属 Cyclotella meneghiniana キクロテラ属 Cyclotella radiosa キクロテラ属 Cyclotella stelligera 75px
abc
スケールは10μm(0.01mm)です。
a:キクロテラ属 Cyclotella meneghiniana 細胞幅 23μm
b:キクロテラ属 Cyclotella radiosa 細胞幅 22μm
c:キクロテラ属 Cyclotella stelligera 細胞幅 20μm

ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. タラシオシラ属 Thalassiosira bramaputrae 75px
de
スケールは10μm(0.01mm)です。
d:ステファノディスクス属 Stephanodiscus sp. 細胞幅 10μm
e:タラシオシラ属 Thalassiosira bramaputrae 細胞幅 29μm

上の写真a〜cキクロテラ属(Cyclotella)は,殻面が中心域と周縁部にはっきり分かれ,周縁部には放射条線があるのが特徴です。極めて普通に見られます。
上の写真dステファノディスクス属(Stephanodiscus)は,殻面に中心付近に達する放射条線があるのが特徴です。この属も普通に見られます。なお,従来ステファノディスクス属に入れられていた種の一部は,最近はキクロステファノス属(Cyclostephanos)に入れられることが多いようです。
上の写真eタラシオシラ属(Thalassiosira)は,殻面の模様が一様で,点紋列が放射状に並ぶか,網目状模様になるのが特徴です。この属は海洋に出現する種がほとんどで,淡水で見られる種はごくわずかです。海洋では殻面の模様が同じような属は他にもありますが,淡水域ではこのような特徴の属は他にはありません。なお,ここにのせた Thalassiosira bramaputrae は,かつては Coscinodiscus lacustris という学名がつけられていました。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,ユーノティアハネケイソウスタウロネイスなどで細胞が殻面でつながって帯状の群体を形成する種がありますが,キクロテラの仲間とは見た目がだいぶ異なり,区別は容易だと思います。その他の群体が糸状になるものについては,糸状になる藻類を見てください。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる珪藻

アウラコセイラ メロシラ キクロテラの仲間 スケレトネマ ヒドロセラ
プレウロシラ ヌサガタケイソウ アステリオネラ ディアトマ メリディオン
オビケイソウ シネドラ ハンネア ユーノティア アクナンテス
コッコネイス ロイコスフェニア ディプロネイス フルスツリア ギロシグマ
ハネケイソウ ネイディウム スタウロネイス フネケイソウ クサビケイソウ
クチビルケイソウ アンフォラ エピテミア ロパロディア ニッチア
ハンチア バキラリア キマトプレウラ コバンケイソウ その他の珪藻1
その他の珪藻2 笹葉形,楕円形の珪藻 珪藻はどんな生き物? 珪藻殻のクリーニング 珪藻索引
珪藻リンク集

藍藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3) 鞭毛虫・鞭毛藻
アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ミジンコ ケンミジンコ
その他の動物 海の生き物 異物(ゴミ)

このページのトップへ