このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 フルスツリアの特徴 フルスツリアの被殻 似ているものと見分け方 注意

フルスツリア

不等毛植物門 珪藻綱 羽状目 フルスツリア属

フルスツリア属 Frustulia rhomboides フルスツリア属 Frustulia rhomboides フルスツリア属 Frustulia rhomboides フルスツリア属 Frustulia rhomboides 150px
ABCD
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 162μm 殻面
B:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 93μm 殻面
C:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 60μm 群体
D:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 140μm 殻面 死細胞

フルスツリア属 Frustulia rhomboides 150px
E
スケールは50μm(0.05mm)です。
E:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 48μm 群体

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,フルスツリア属(Frustulia)をとりあげます。この属にはいくつか種類がありますが,種の区別は非常に難しいです。

このページのトップへ


フルスツリア

** フルスツリアの特徴 **

このページのトップへ


** フルスツリアの被殻 **

フルスツリア属 Frustulia rhomboides フルスツリア属 Frustulia rhomboides var. amphipleuroides フルスツリア属 Frustulia vulgaris フルスツリア属 Frustulia weinholdii 75px
abcd
スケールは10μm(0.01mm)です。
a:フルスツリア属 Frustulia rhomboides 細胞長 97μm 殻面
b:フルスツリア属 Frustulia rhomboides var. amphipleuroides 細胞長 104μm 殻面
c:フルスツリア属 Frustulia vulgaris 細胞長 55μm 殻面
d:フルスツリア属 Frustulia weinholdii 細胞長 45μm 殻面

殻面はひし形または長楕円形が多く,縦溝の両側が隆起し,強固な肋帯を形成します。縦溝は中心近くまで達します。条線は極めて繊細な点紋列からなり,写真でもよく写っていないものが多いですが,点紋は縦横に整然と並び,縦横に条線が走るものが多いです。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 殻面がひし形や長楕円形の珪藻は他にも多くあります。笹葉形,楕円形の珪藻を見てください。特に,アンフィプレウラが,フルスツリアと同じように縦溝の両側に肋帯がありますが,縦溝および肋帯は中心付近まで達しません。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる珪藻