このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 プレウロシラの特徴 プレウロシラの被殻 似ているものと見分け方 注意

プレウロシラ

不等毛植物門 珪藻綱 中心目 プレウロシラ属

プレウロシラ属 Pleurosira laevis 75px
A
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:プレウロシラ属 Pleurosira laevis 細胞幅 80μm 帯面 群体

プレウロシラ属 Pleurosira laevis 150px
B
スケールは50μm(0.05mm)です。
B:プレウロシラ属 Pleurosira laevis 細胞幅 70μm 帯面 群体

プレウロシラ属 Pleurosira laevis 150px
C
スケールは50μm(0.05mm)です。
C:プレウロシラ属 Pleurosira laevis 細胞幅 98μm 殻面

写真Aと写真B,Cでは画像の倍率が違います。写真Aと写真B,Cの拡大比率は1:4です。

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,プレウロシラ属(Hydrosera)をとりあげます。日本の淡水域では Pleurosira laevis という種が見られます。

このページのトップへ


プレウロシラ

** プレウロシラの特徴 **

このページのトップへ


** プレウロシラの被殻 **

プレウロシラ属 Pleurosira laevis 75px
a
スケールは10μm(0.01mm)です。
a:プレウロシラ属 Pleurosira laevis 細胞幅 72μm 殻面

プレウロシラ属 Pleurosira laevis 75px
b
スケールは10μm(0.01mm)です。
b:ヒドロセラ属 Pleurosira laevis 細胞幅 65μm 帯面

上の写真aは殻面で,殻面には一面に不規則な放射状に配列した点紋があります。唇状突起が殻面短径方向に2個離れて並び,殻面長径方向両端に偽眼域があります。
上の写真bは帯面で,左右が殻面になります。帯面は中央の幅広い帯がはっきりわかりますが,ここは殻帯です。なお,左上の楕円形のものは別の珪藻(Cocconeis sp.)です。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 ヌサガタケイソウディアトマなどジグザグ状の群体を形成するものは他にもありますが,大きさが全く異なり(プレウロシラのほうがはるかに大きい),見た目もだいぶ違うので,区別は容易だと思います。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる珪藻