目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

ミジンコはどんな生き物?

ネコゼミジンコ Ceriodaphnia ゾウミジンコ Bosmina
ネコゼミジンコ ゾウミジンコ


 ミジンコ,名前はおそらく聞いたことのある人が多いと思います。「でもどんな生き物ですか?」と聞かれたらどうでしょう。「水の中にいる小さな生き物」であることはわかっても,どんな姿かたちをしているか,何の仲間か知っている人は案外少ないのではないかと思います。ミジンコは小さいけれど,甲殻類,つまりエビやカニの仲間です。よく似た名前のケンミジンコカイミジンコも同じ甲殻類ですが,2つとは甲殻類の中ではちょっとはなれた仲間です。ケンミジンコのほうは,甲殻類といわれれば,なるほどと思わせる形ですが,ミジンコのほうは虫みたいな形でちょっとエビやカニの仲間には見えませんね。
 ミジンコは淡水の小さな生き物の中では特に重要なグループです。ほとんどのものは小さな植物プランクトンを食べています。種類も数も多く,特に魚などの大きな生き物にとっては餌としていちばん大切な仲間です。海にすむ種類もありますが,大部分は淡水産です。体をおおう殻が透明で,大形の種類では,よく注意してみると背中にある心臓がピコピコ動いているのがわかります。ピョコピョコ泳ぐすがたもおもしろく,動物プランクトンの中では人気のあるグループで,Webサイトもたくさんあります。ぜひ他のサイトも見てみることをおすすめします。
 ミジンコは,アリマキと同じように,ふだんはメスだけでふえ,単為生殖とよばれます。そのときは単性卵とよばれる卵を産みます。単性卵は体の背中側にある育房とよばれるところの中におさめられ,こどもは育房の中で卵からかえったあとに,育房から出てきます。たまに(特に環境が悪くなったとき)オスが出てきて,そのときは耐久卵,または休眠卵とよばれる特別な卵がつくられます。耐久卵は育房内でかえることはなく,卵のまま産みおとされます。この耐久卵は丈夫なさやの中の入っていて,乾燥などの悪条件に耐えることができます。耐久卵からいっぺんに全部こどもが生まれることはありません。いっぺんに子供が生まれたあとまた悪条件になると全滅してしまうおそれがあります。それを防ぐため,耐久卵からは少しづつ子供が生まれてきます。自然界の知恵を見る思いがします。淡水産の小さな生き物で,ミジンコと並んで重要な仲間であるワムシでも同じように単為生殖が見られます。淡水は干上がったり,洪水になってどこかに流されたり,泥が流れこんだりと環境の変化がはげしいところで,そういったところで生きていくのには単為生殖は有利なのかもしれません。下の図Aは,単性卵(赤矢印)をもったミジンコ,図Bは,耐久卵(青矢印)をもったミジンコです。図Cは耐久卵で,ちょっとわかりにくいのですが,丈夫なさやの中に卵が2個入っています。なお,単性卵を育房内にもったミジンコはしばしば見られます。また,卵からかえったこどもを育房内にかかえているものもよくみられます。

単性卵をもったミジンコ 耐久卵をもったミジンコ ミジンコの耐久卵
A:単性卵をもったミジンコ B:耐久卵をもったミジンコ C:ミジンコの耐久卵

このページのトップへ


トップページ名前を調べるミジンコ

シダ オナガミジンコ ミジンコ(ダフニア) ネコゼミジンコ アオムキミジンコ
オカメミジンコ タマミジンコ ゾウミジンコ ゾウミジンコモドキ シカクミジンコの仲間
マルミジンコの仲間 ×その他のミジンコ ミジンコはどんな生き物? ミジンコ索引 ミジンコリンク集

藍藻 珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3)
鞭毛虫・鞭毛藻 アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ケンミジンコ
その他の動物 海の生き物 異物(ゴミ)

このページのトップへ