目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

このページでとりあげる属 アナベナの特徴 似ているものと見分け方 注意

アナベナ

藍藻植物門 藍藻綱 ネンジュモ目 アナベナ属

アナベナ属 Anabaena crassa 75px アナベナ属 Anabaena crassa 300px
AB
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:アナベナ属 Anabaena crassa 細胞幅 13μm
B:アナベナ属 Anabaena crassa 細胞幅 13μm

アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. 300px
CDEF
スケールは100μm(0.1mm)です。
C:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 8μm
D:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 10μm
E:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 4μm
F:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 5μm

アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. アナベナ属 Anabaena sp. 300px
GHIJ
スケールは100μm(0.1mm)です。
G:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 10μm
H:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 4μm
I:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 8μm
J:アナベナ属 Anabaena sp. 細胞幅 5μm

写真Aと写真B〜Jでは画像の倍率が違います。写真Aと写真B〜Jの拡大比率は1:4です。
細胞幅は栄養細胞(普通の細胞)の幅です。

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,アナベナ属(Anabaena)をとりあげます。この属には多くの種類かありますが,種の区別は難しいです。

このページのトップへ


アナベナ

** アナベナの特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,藍藻のアファニゾメノン(Aphanizomenon)が似ていますが,アファニゾメノンは糸状体の末端の細胞が無色で細長くなっています。また,同じく藍藻のノドゥラリア(Nodularia)も似ていますが,細胞の長さが幅よりも小さく,糸状体をおおう鞘がはっきり見えます。ただ,いずれも私は見たことがなく,これ以上のことはわかりません。他にも藍藻の中で,他にもアナベナと似たものが多くあります。その他の藻体が糸状になるものについては,糸状になる藻類を見てください。また,アナベナの中には上の写真Aのように,糸状体が規則正しいらせん状になるものがあり,同じくらせん状になるスピルリナアウラコセイラの一部の種,植物の導管などとやや似ていますが,見た目が明らかに異なり,間違える可能性は低いと思います。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる藍藻

クロオコックスの仲間 ダクティロコッコプシス メリスモペディア ミクロキスティス アファノカプサ
アファノテーケ コエロスフェリウム ユレモの仲間 プランクトスリックス リングビア
スピルリナ アナベナ ネンジュモ キリンドロスペルムム スキトネマ
グロエオトリキア ハパロシフォンの仲間 ×その他の藍藻 藍藻はどんな生き物? 藍藻索引
藍藻リンク集

珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3) 鞭毛虫・鞭毛藻
アメーバ・太陽虫 繊毛虫 ワムシ ミジンコ ケンミジンコ
その他の動物 海の生き物 異物(ゴミ)

このページのトップへ