このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 プランクトスリックスの特徴 似ているものと見分け方 注意

プランクトスリックス

藍藻植物門 藍藻綱 ユレモ目 プランクトスリックス属

プランクトスリックス属 Planktothrix sp. プランクトスリックス属 Planktothrix sp. プランクトスリックス属 Planktothrix sp. 150px
ABC
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:プランクトスリックス属 Planktothrix sp. 細胞幅 8μm
B:プランクトスリックス属 Planktothrix sp. 細胞幅 7μm
C:プランクトスリックス属 Planktothrix sp. 細胞幅 9μm

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,プランクトスリックス属(Planktothrix)をとりあげます。日本では何種類か見つかっていますが,種の同定は非常に難しいです。

このページのトップへ


プランクトスリックス

** プランクトスリックスの特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 藍藻の中で,細胞内にガス胞を持ち,黒く見える糸状体を形成するものは他にもあります。その中で,アナベナアファニゾメノン(Aphanizomenon)ラフィディオプシス(Raphidiopsis)ノドゥラリア(Nodularia)などは,異質細胞やアキネートをもちます。また,トリコデスミウム(Trichodesmium)は,複数の糸状体が束になります。その他の藻体が糸状になるものについては,糸状になる藻類を見てください。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる藍藻