このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 サヤミドロの特徴 似ているものと見分け方 注意

サヤミドロ

緑色植物門 緑藻綱 サヤミドロ目 サヤミドロ属

サヤミドロ属 Oedogonium sp. 75px サヤミドロ属 Oedogonium sp. サヤミドロ属 Oedogonium sp. サヤミドロ属 Oedogonium sp. 300px
ABCD
スケールは100μm(0.1mm)です。
A:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 50μm
B:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 18μm
C:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 37μm
D:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 25μm

サヤミドロ属 Oedogonium sp. 75px サヤミドロ属 Oedogonium sp. サヤミドロ属 Oedogonium sp. 300px
E1E2F
スケールは100μm(0.1mm)です。E1とE2は同じ藻体です。
E1:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 10μm
E2:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 10μm
F:サヤミドロ属 Oedogonium sp. 細胞幅 18μm

細胞幅は写真に写った中でいちばん太い細胞についての値です。
写真A,E1と写真B〜D,E2,Fでは画像の倍率が違います。写真A,E1と写真B〜D,E2,Fの拡大比率は1:4です。

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,サヤミドロ属(Oedogonium)をとりあげます。日本では非常に多くの種がみつかっていますが,生殖器官および成熟した卵胞子を形成しているものでなければ種の区別は全く不可能で,形成しているものでも種の区別は非常に難しいです。

このページのトップへ


サヤミドロ

** サヤミドロの特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,同じサヤミドロ目に属するブルボケーテの中に,分枝が少なく,一見サヤミドロと似ているばあいがありますが,ブルボケーテには長い刺毛をもった先端細胞があり,区別は容易です。また,シオグサが,葉緑体の形がほぼ同じですが,シオグサは藻体が樹枝状になるので区別は簡単です。その他の藻体が糸状になるものについては,糸状になる藻類を見てください。緑藻の中で,他にも藻体が糸状になり,サヤミドロと似ているものがあります。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる緑藻(2)