このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 テトメモルスの特徴 似ているものと見分け方 注意

テトメモルス

緑色植物門 シャジク藻綱 ホシミドロ目 テトメモルス属

テトメモルス属 Tetmemorus brebissonii テトメモルス属 Tetmemorus brebissonii var. minor テトメモルス属 Tetmemorus laevis 150px
ABC
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:テトメモルス属 Tetmemorus brebissonii 細胞長 113μm 細胞幅 27μm
B:テトメモルス属 Tetmemorus brebissonii var. minor 細胞長 82μm 細胞幅 19μm
C:テトメモルス属 Tetmemorus laevis 細胞長 115μm 細胞幅 27μm

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,テトメモルス属(Tetmemorus)をとりあげます。日本ではこの属には何種類かありますが,種の区別はやや難しいです。

このページのトップへ


テトメモルス

** テトメモルスの特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,スピロテニアが細胞の形が似ていますが,葉緑体の形が異なり,細胞両端に切れ込みがありません。また,ユーアストルムがテトメモルスと同じく細胞両端に切れ込みがありますが,細胞の形が異なり,細胞中央のくびれが非常に深いです。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる緑藻(3)