目次フレームがあった方がよいという方は,フレームありをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ 棘毛をもつ仲間の特徴 似ているものと見分け方 注意

棘毛をもつ仲間

繊毛虫門 旋毛綱 下毛亜綱
繊毛虫門 旋毛綱 棘毛亜綱

ユープロテス属 Euplotes sp. ユープロテス属 Euplotes sp. ユープロテス属 Euplotes sp. 150px
A1A2B
スケールは50μm(0.05mm)です。A1とA2は同じ細胞です。
A1:ユープロテス属 Euplotes sp. 細胞長 85μm 腹面から見たもの
A2:ユープロテス属 Euplotes sp. 細胞長 85μm 横から見たもの
B:ユープロテス属 Euplotes sp. 細胞長 55μm 背面から見たもの

ウロスティラ属 Urostyla sp. 棘毛亜綱の1種 棘毛亜綱の1種 150px
CDE
スケールは50μm(0.05mm)です。
C:ウロスティラ属 Urostyla sp. 細胞長 75μm 腹面から見たもの
D:棘毛亜綱の1種 細胞長 70μm 腹面から見たもの
E:棘毛亜綱の1種 細胞長 80μm 腹面から見たもの

棘毛亜綱の1種 150px 棘毛亜綱の1種 100px
FG
スケールは50μm(0.05mm)です。
F:棘毛亜綱の1種 細胞長 95μm 腹面から見たもの 細胞分裂中
G:棘毛亜綱の1種 細胞長 230μm 腹面から見たもの

写真A〜Fと写真Gでは画像の倍率が違います。写真A〜Fと写真Gの拡大比率は3:2です。

このページのトップへ


** このページでとりあげるグループ **

 ここでは,下毛亜綱および棘毛亜綱に属するものをまとめてとりあげます。下毛亜綱および棘毛亜綱に属するグループには,棘毛(きょくもう)とよばれる太い繊毛の束が細胞の腹面にあるという目立つ特徴があり,他の繊毛虫と見分けることが可能なので,棘毛をもつ仲間としてここでとりあげることにします。このグループにはいくつかの属と多くの種が含まれますが,区別は困難です。なお,棘毛亜綱に属するスティロニキア(Stylonychia)は,極めて普通に見られる重要属で,かつ比較的特徴があって区別が可能なので別にとりあげます。

このページのトップへ


棘毛亜綱の1種 ユープロテス

** 棘毛をもつの仲間の特徴 **

注1:細胞の腹面からでは,見た目と左右逆になるので,右縁にあるように見えます。また,小膜は写真では単なる太い繊毛の列に見えますが,これらの繊毛は統一的に動き,膜のような役割をします。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる繊毛虫

タルガタゾウリムシ ゾウリムシ ツリガネムシの仲間 エダワカレツリガネムシの仲間 トリコディナ
吸管虫の仲間 ラッパムシ スピロストムム ハルテリア ティンティニディウムの仲間
棘毛をもつ仲間 スティロニキア その他の繊毛虫1 その他の繊毛虫2 繊毛虫はどんな生き物?
繊毛虫索引 繊毛虫リンク集

藍藻 珪藻 緑藻(1) 緑藻(2) 緑藻(3)
鞭毛虫・鞭毛藻 アメーバ・太陽虫 ワムシ ミジンコ ケンミジンコ
その他の動物 海の生き物 異物(ゴミ)

このページのトップへ