このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 ゾウリムシの特徴 似ているものと見分け方 注意

ゾウリムシ

繊毛虫門 梁口綱 ゾウリムシ目 ゾウリムシ属

ゾウリムシ属 Paramecium caudatum ゾウリムシ属 Paramecium caudatum ゾウリムシ属 Paramecium caudatum 225px
A1A2B
スケールは100μm(0.1mm)です。A1とA2は同じ細胞です。Bは写真が少しぶれています。
A1:ゾウリムシ属 Paramecium caudatum 細胞長 230μm
A2:ゾウリムシ属 Paramecium caudatum 細胞長 230μm
B:ゾウリムシ属 Paramecium caudatum 細胞長 215μm

ゾウリムシ属 Paramecium bursaria ゾウリムシ属 Paramecium bursaria ゾウリムシ属 Paramecium bursaria 300px
CDE
スケールは100μm(0.1mm)です。
C:ゾウリムシ属 Paramecium bursaria 細胞長 135μm
D:ゾウリムシ属 Paramecium bursaria 細胞長 110μm
E:ゾウリムシ属 Paramecium bursaria 細胞長 90μm

写真A1〜Bと写真C〜Eでは画像の倍率が違います。写真A1〜Bと写真C〜Eの拡大比率は3:4です。

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,ゾウリムシ属(Paramecium)をとりあげます。日本ではいくつか種が見つかっていますが,種の区別は難しいです。その中で,繊毛虫の中で最も知名度が高く,実験材料としてよく使われる,上の写真A1,A2,Bの ゾウリムシ(Paramecium caudatum),および細胞内にクロレラ(Chlorella)を共生させていて緑色に見える,上の写真C,D,Eのミドリゾウリムシ(Paramecium bursaria) の2種が代表的な種です。

このページのトップへ


ゾウリムシ

** ゾウリムシの特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,鞭毛藻に,緑色の葉緑体を多数もち,ミドリゾウリムシと似ているものがありますが,繊毛虫の中には他にもクロレラをもち緑色をしているものがありますので,繊毛虫でとりあげています。参照してください。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる繊毛虫