このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ ツリガネムシの仲間の特徴 似ているものと見分け方 注意

ツリガネムシの仲間

繊毛虫門 貧膜口綱 周毛亜綱 ツリガネムシ目

ツリガネムシ属 Vorticella sp. ツリガネムシ属 Vorticella sp. 150px
AB
スケールは50μm(0.05mm)です。
A:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 細胞長 65μm 口部が開いたもの
B:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 細胞長 70μm 口部が開いたもの

ツリガネムシ属 Vorticella sp. ツリガネムシ属 Vorticella sp. ラブドスティラ属 Rhabdostyla sp. 150px
CDE
スケールは50μm(0.05mm)です。
C:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 細胞長 85μm 口部が縮んだもの
D:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 細胞長 45μm 口部が開いたもの
E:ラブドスティラ属 Rhabdostyla sp. 細胞長 30μm 口部が開いたもの

ツリガネムシ属 Vorticella sp. 150px ツリガネムシ属 Vorticella sp. 75px
FG
スケールは50μm(0.05mm)です。 スケールは100μm(0.1mm)です。
F:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 口部と柄が縮んだもの
G:ツリガネムシ属 Vorticella sp. 群集

細胞長は柄を含まない長さです。
写真A〜Fと写真Gでは画像の倍率が違います。写真A〜Fと写真Gの拡大比率は4:1です。

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,周毛亜綱ツリガネムシ目に属するものの中で,柄が分枝せず,単独で生活するものをまとめてツリガネムシの仲間とします。この仲間は柄の形態(伸び縮みの有無,長さなど)で属が分けられますが,属の同定が難しい場合があるので,ひとまとめにして扱います。この中では柄がばね状に伸び縮みするツリガネムシ属(Vorticella)が最も普通に見られますが,他にも属があります。また,このグループには多くの種が見つかっていますが,種の区別は非常に難しいです。なお,周毛亜綱の中で柄が分枝した群体を形成するものはエダワカレツリガネムシの仲間でとりあげます。また,同じく周毛亜綱に属するものの中で,コップ状の殻をもつもの,最初から柄をもたないもの,細胞が著しく伸び縮みするものは見た感じがかなり異なるので,その他の繊毛虫2でとりあげます。

このページのトップへ


ツリガネムシ

** ツリガネムシの仲間の特徴 **

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他に,周毛目に属するもので柄をもつものがあり,その他の繊毛虫2で写真をのせていますが,細胞の形がかなり異なります。また,ワムシに属するプティグラハナビワムシテマリワムシテマリワムシモドキが形がやや似ていますが,いずれもツリガネムシの仲間のような柄はなく,形も酷似しているわけではないので区別は難しくないでしょう。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べる繊毛虫