このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげるグループ ダニの特徴 淡水に住むダニについて 似ているものと見分け方 注意

ダニ

節足動物門 蛛形綱 ダニ目

ダニ目の1種 ダニ目の1種 375px
AB
スケールは0.5mmです。
A:ダニ目の1種 体長 0.35mm 背面から見たもの
B:ダニ目の1種 体長 0.5mm 背面から見たもの

ダニ目の1種 150px
C
スケールは0.1mmです。
C:ダニ目の1種 体長 0.18mm 背面から見たもの

写真A〜Bと写真Cでは画像の倍率が違います。写真A〜Bと写真Cの拡大比率は1:2です。

このページのトップへ


** このページでとりあげるグループ **

 ここでは,節足動物門蛛形綱ダニ目に属するものをまとめてとりあげます。すなわちダニの仲間です。ダニには,いくつかの科,かなり多くの属,そして多くの種がありますが,よりくわしい分類はとても難しく,残念ながら専門家でなければ無理でしょう。

このページのトップへ


ダニ

** ダニの特徴 **

このページのトップへ


** 淡水に住むダニについて **

 ダニはよく知られた生物で,形からもわかるようにクモに近い仲間ですが,一般にはあまりよく思われてなく,じゅうたんやたたみ,布団などの中にいてアレルギーを引き起こしたり,人を刺したりするろくでもない生物,という印象が強いと思います。また,ハダニなど,農業上の大害虫であるものも少なくありません。しかし,多くの種類は土壌や水中にいて,人間に害を及ぼすものではありません。特に土壌中に多く,土壌動物の主要グループの1つで,生態系の中で重要な役割を果たしています。淡水中にも多くの種類がいて,ミズダニと総称されていますが,分類学上の特定のグループをさすものではありません。淡水にいるものは,成虫は水草の間や水底の泥の上などで底生生活をしていますが,幼虫のうちは他の水生昆虫などに寄生生活をしているものが多く,中には一生寄生生活をする種もあります。
 ダニはよく知られている割には案外実物を見たことのある人は少ないのではないかと思います。ダニは地球上で非常に繁栄している生物の1つで,土壌,淡水,海洋,家の中など,ありとあらゆる所にたくさんいますし,植物や動物に寄生しているものもたくさんいます。とても重要な生物の1つですので,見つけたら毛嫌いせず,じっくり動きを観察してみるのもいかがかと思います。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べるその他の動物