このページはフレーム用です。単独で表示された場合は,フレームありをクリックしてください。
フレーム未対応ブラウザをお使いの方,およびフレームがない方がよいという方は,フレームなしをクリックしてください。

このページでとりあげる属 フクロワムシの特徴 似ているものと見分け方 注意

フクロワムシ

輪形動物門 輪虫綱 遊泳目 フクロワムシ科 フクロワムシ属

フクロワムシ属 Asplanchna priodonta フクロワムシ属 Asplanchna priodonta 375px
AB
スケールは500μm(0.5mm)です。
A:フクロワムシ属 Asplanchna priodonta 体長 740μm
B:フクロワムシ属 Asplanchna priodonta 体長 535μm

フクロワムシ属 Asplanchna sieboldi 75px
C
スケールは100μm(0.1mm)です。
C:フクロワムシ属 Asplanchna sieboldi 体長 320μm

このページのトップへ


** このページでとりあげる属 **

 ここでは,フクロワムシ属(Synchaeta)をとりあげます。日本ではいくつかの種が見つかっていますが,区別は難しいです。最も普通に見られるのは Asplanchna priodonta という種です。

このページのトップへ


フクロワムシ

** フクロワムシの特徴 **

注1フクロワムシモドキ(Asplanchnopus)という,フクロワムシとそっくりでほとんど見分けのつかないワムシがあり,体の後端近くの側面から小さな足が出ます。ただ,フクロワムシモドキは珍しいワムシで,ほとんど見られません。

このページのトップへ


** 似ているものと見分け方 **

 他にもツボワムシハオリワムシウサギワムシエナガワムシなどが形が似ている場合がありますが,いずれも上にあげたものほどは似てなく,区別はそう難しくはないと思います。

このページのトップへ


** 注意 **

このページのトップへ


トップページ名前を調べるワムシ